新元号は「令和」に決定!令和の聖地は福岡・太宰府天満宮!?

福岡暮らし
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、たか丸です。

新元号、「令和」(れいわ)に決定しましたね!

会社からリアルタイムで菅官房長官の発表を観ていました。

あの発表は今後も使用される歴史的瞬間となったと思います。

さて、タイトルにある、令和の聖地は福岡の太宰府天満宮!?ということですが、

なぜかといいますと、「令和」は万葉集から名付けたとされています。

そして件の万葉集の元となった舞台が、なんと太宰府天満宮、ということのようです。

新元号「令和」の典拠となったのが、万葉集の「梅花の歌三十二首の序文」(菅義偉官房長官)だったことをうけ、「令和の聖地」として福岡県太宰府市にある太宰府天満宮に注目が集まっている。

序文が、8世紀前半に「大宰府」(現在の太宰府市内)で開かれた「梅花の宴」の時に詠まれた歌32首につけられたもので、また太宰府天満宮が、「天神様」として親しまれている菅原道真公(845~903年)と「飛梅」伝説で知られる梅の名所だからだ。

今回の新元号決定について、J-CASTニュースが1日、太宰府天満宮に受け止め方を聞くと、

「(典拠の)序文が大宰府(現在の太宰府市)と関係が深く、また、道真公も梅をこよなく愛されたというゆかりの深さに驚き、感動・感激しております」
「道真公が天皇家に誠心(まことごころ)を捧げられた、ということからも喜ばしいです。多くの人に大宰府(太宰府)の歴史と文化を体感して頂きたいと思っております」

とのことだった。

太宰府が「令和の聖地」に? 典拠とゆかり...天満宮「感動・感激しております」
新元号「令和」の典拠となったのが、万葉集の「梅花の歌三十二首の序文」(菅義偉官房長官)だったことをうけ、「令和の聖地」として福岡県太宰府市にある太宰府天満宮に注目が集まっている。序文が、8世紀前半に「大宰府」(現在の太宰府市内)で開かれた「梅花の宴」の時に詠まれた歌32首につけられたもので、また太宰府天満宮が、「天神様...(続きはこちら)

平成のときは、平成と同じ漢字で「へなり」と読む場所が、一躍脚光を浴びました。

今回の令和では、太宰府天満宮が脚光を浴びることになるのでしょうかφ(..)

この記事を書いた人
たか丸

福岡県北九州市出身。就職で東京へ移住。その後、Uターンで福岡に戻ってまいりました。現在、福岡市西区に居住しています。福岡DAYSでは、私たちの生活の記録としていますが、閲覧していただける皆さまのご参考になるようなブログ作りを目指しています。

たか丸をフォローする
福岡暮らし 雑記
スポンサーリンク
たか丸をフォローする
福岡DAYS

コメント

タイトルとURLをコピーしました