雷山千如寺大悲王院で11月中旬に紅葉狩りしてみた様子

地域情報
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、福岡DAYSのたか丸です。

2018/11/17(土)に糸島にある紅葉スポット「雷山千如寺大悲王院」へ紅葉狩りしてきたのでレポートします。

 

スポンサーリンク

「雷山千如寺大悲王院」の営業時間、アクセス、料金

名称雷山千如寺大悲王院(ライザンセンニョジダイヒオウイン)
所在地〒819-1145 福岡県糸島市雷山626
交通アクセスJR筑肥線筑前前原駅からバスで30分
営業期間拝観時間:9:00~16:30
料金大人:大人:400円 小人(中学生以下)無料,
団体(20名以上)は300円,
11月1日~30日まで楓の見学のみは100円で入場可
見た限り、トイレは入場したあとに一箇所ありました。

 

なお、紅葉の見頃は11月初旬~11月中旬という情報だったので、間に合うかな~と思いながら行ってみました。

周辺の混雑具合について

前述したように、ぎりぎりの見頃である2018/11/17(土)に行ってきました。

滞在時間は朝10:30~12:00です。車で行きましたが周囲は「渋滞中」や「渋滞する可能性があります」といった看板が出ていましたが、時間帯が良かったのか、意外と駐車場にはスムーズに停めることができました。案内の方も複数名いました。

ただ、観光バスが続々ときており、ツアーコンダクターの人が先導していたりして、やはり人気スポットなんだな~という印象です。

日本人だけでなく海外の人も来ていました。

入山料100円を支払って中へ。

気になる紅葉の様子

そして気になる紅葉はこのような状況でした。

メインの寺院前には赤の絨毯ができあがってました。少し遅かったかな~といった状況です。これはこれで情緒がありますね。11月初旬の大雨&風で散っちゃったようです。

一番キレイな様子はウォーカープラスを御覧ください。。。

雷山千如寺大悲王院の紅葉情報 | ウォーカープラスの紅葉名所2019
福岡県の雷山千如寺大悲王院の紅葉情報と見頃・色づき時期を紹介。例年の見頃は11月上旬~11月中旬です。雷山中腹に位置し、約1300年の歴史を誇る由緒ある寺院。境内には、福岡県指定天然記念物である樹齢約400年といわれる大楓があり、紅葉の名所としても有名。また、室町時代作庭の心字庭園では、200本以上のモミジが色づく様子...(続きはこちら)

 

旬は若干過ぎていたけれどキレイな紅葉も撮影できました。

 

まとめ

今回は寺院前の紅葉は散り気味だったので少し残念でしたが、雨風の状況次第では例年この時期(11月中旬)でも綺麗なのかもしれません。寺院前以外の紅葉も多少散ってはいましたが綺麗でした。紅葉は年々身に染みるようになってきています。。

駐車場近辺に梅が枝餅が出店されていたので帰りに食べ歩き。少し寒かったのですがそんな状況でホクホクのあんこは最高でした。雷山千如寺大悲王院で紅葉狩りした際には、ぜひ梅が枝餅も食べてみてください。おすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました